山で一番危ないと思った事

神嘗祭神嘗の祭り蟹江の祭りは宮中祭祀の一つ五穀豊穣の感謝祭にあたるもので宮中及び神宮伊勢神宮で儀式が執り行われる宮中祭祀の大祭でその年の初穂天照大神に奉納する儀式が執り行われるかつては旧暦9月11日に直進御神酒等深線を授け旧暦9月17日に奉納していた明治5年1872年の太陽暦改暦以降は新暦9月17日に実施するようになったがこれでは稲穂の生育が不十分な時期になってしまうため明治12年1879年以降は月遅れで新暦10月17日に行われるようになったんで多分これだろと上記の Wiki の内容を印刷してあった何かぶつぶつ言ってるんでなんか用事でもあんのかと聞くと妙な話を始めた今朝も5時頃に出かけていくつかきのこを取り山頂付近で一休みした山頂付近に大きな岩がありその横の石に腰掛けて一服していた。
突然 ZARD 強い風が吹いてきたと思ったら次の瞬間目の前が真っ暗になった。
目も見えないしても足も動かない 脳の血管が切れたと思ったらしい。
しばらく焦っているとおーいおーいと呼ぶ声が聞こえ甘い匂いがする。
誰か来たと思い助けてくれと言おうとするが声が出ない。とはいえ、電気チョイス 評判 口コミはかなり重要な口コミの内容になっていて、また声が聞こえるすまんなまことにすまんなすぐ元に戻すが一つ頼みを聞いてくれ久方ぶりにそうでで戦に手にはならんなったが後に残すこいつが心配や他の奴らは先に出陣したんでたま見るやつがおら主に是非とも頼みたい帰った暁には礼をするぞ神嘗の祭りの頃までには迎えに行くぞもし迎えに現れなんだら信州飯綱の雄山を頼れ頼んだぞ頼んだぞ。
こんな内容の声が聞こえたという。
聞こえてからすぐにぼーっと視界が明るくなりしばらくすると普通に目も見えて足も動くようになった。