本当の互換インクは詰まりやすいのか?面白い記事を見つけた。

私はインクジェットのプリンターを使っているんだけれどもインクジェットのプリンターのインクってすっごい高いんだよね。
特にもう純正品といったらもうわけわかんないぐらい高いんで、社外品の安いインクを使いたくなるんだけど以前社外品のインクを使ったら速攻でプリンターのヘッドが詰まってそのまま使えなくなってしまったことがあってね。
それ以来社外品のインクでちょっと使えないなっていうふうに思っていたんだ。
俗に言う互換インクってやつだけど。。。
でもこの前この記事を読んでハッとしたんだ
【体験談】インク詰まりと、互換インクとの関係。ある仮説を立ててみた。【インクジェットプリンター】
インクジェットプリンターは買ってきた時は必ず純正品のインクを使うんだよね。
スタートアップ inc って言ってそれを使わないとうまく設定ができないようになってるんだ。
だから最初に使うインクは必ず純正品でその後例えば互換インクを買うと純正品のインクが消えたら互換インクに変えるわけだよね。
でも変えた直後ってプリンターのヘッドの中では互換インクと純正インクのは混ざった状態になるんだ。
今まで同じ色のインクなんだから別に勝ったっていいじゃないかと思っていたけれど実はそうではないんじゃないかという話。
インクって同じように見えてもメーカーごとに入っている添加剤とか性能が違うから違うメーカーのインクが混ざると一気に固まってしまうということが起こることがあるらしい。
そういえば私がプリンターのヘッドとなってしまったらもうインクを交換したちょーがやったなという風に思い出した。
この記事では検証としてインクのメーカーを変える前に1回クリーニング専用のカートリッジ取り替えてヘッドの中のインクを全部抜いてから違うメーカーのインクに帰るということをやっていた。
もちろん全てのケースを試したわけではないので確証はないとは言っていたけれどこの方式をとってからヘッドのインクが詰まったということがないそうだ。
つまりやっぱりヘッドの中で違うメーカーのインクが混ざるということがあんまり良くないのかもしれないな。